起業する際に女性が利用可能な融資方法とは

女性は特に信用されにくいという事実

資金調達方法については、大きく分けて補助金・助成金・融資の3つの方法があります。
補助金と助成金については、両方とも事業者に対して附与される支援金で、返済不要なものです。
募集期間が決まっているため、多数の応募の中から採用される必要があります。
助成金については、主に厚生労働省が管轄となっているので、支給額が一律で決まっているということが多いのが特徴でしょう。
採用されると、定額の助成金が多くの場合は後払いで給付されます。
補助金については、主に経済産業省の中小企業庁が管轄しており、支給額は定額ではなく、割合で決まります。
採用されると「実際に支出の何パーセント」といった割合で計算された補助金が多くの場合は後払いで給付されます。
一方、融資については返済する必要はありますが、随時受付を行っているため、一定の要件をクリアすると受けることが可能となり利率が低い制度もあります。

民間の融資については、実績のない起業当初の借入が困難な場合もありますが、比較的柔軟な審査が可能なのは公的機関の融資も同様で、全国共通のものから都道府県や市区町村で運営しているというものまで色々用意されています。
補助金・助成金や融資など、起業するための資金調達方法は色々ありますが、特に女性の起業家であれば、女性の起業を応援してくれる制度を利用する・融資の際はなるべく低金利の制度を利用する・自身の住居や起業予定の地域制度を利用するといったことをしていくと良いでしょう。
助成金については、申請内容と要件が合うと殆どの場合は受給が可能なので、返済が不要で高確率の資金調達をしたい際には、助成金について調べてみるのも良いかもしれません。
事業計画書の作成など、準備は必要となるのですが、起業を考えているという方は一度専門家に相談すると良いでしょう。

資金調達方法については大きく分けて3つの方法がある

起業際に、誰しもが頭を悩ませるのは資金調達です。 女性は特に、信用されにくいという事でしたが、2014年の中小企業基本法第2章の第13条に「青年や女性による中小企業の創始を起用するため」という一文が追加されて、政府が経済の活性化のために若者や女性の起業・創業を支援するという方針を打ち出しました。

女性起業家ならではの補助金や助成金

起業する際の資金調達に効果的な、女性起業家ならではの補助金や助成金・融資について見ていきたいと思います。 現在は、事業を軌道にのせて活躍している女性起業家の取材なども多数掲載されています。 創業手帳の別冊には、最新の助成金や補助金について詳しく解説され、女性が起業する際のヒントがつまっています。

女性起業家はどのような融資方法を選ぶべきなのか

女性起業家におすすめしたい補助金や助成金を紹介する前に、そもそも融資の方法として挙げられる補助金と助成金、融資にはどのような異なる点があるのかということと、女性起業家は、選択肢の中からどの融資方法を選ぶべきなのかということについて解説します。