起業する際に女性が利用可能な融資方法とは

>

資金調達方法については大きく分けて3つの方法がある

都内の商店街の活性化させる事を目指して

女性起業家におすすめしたい資金調達方法を、助成金・補助金・融資の順番に紹介します。
一例として東京都の内容を見ていきます。
「若者や女性リーダー応援プログラム助成事業」については、都内の商店街の活性化させる事を目指して東京都が運営する助成金です。
商店街での開業・事業の拡大・事業承継を対象としているため、主な条件については次の通りです。
「女性」或いは「令和4年3月31日時節で39歳以下の男性」である事。
「創業予定の個人」ないしは「個人事業主」である事(法人代表者は申請対象外)。
申請する店舗が「都内の商店街」である事。
申請する店舗の開業が「各回助成金の交付決定日以降」である事。
申請する業種が「政府機関が定める業種(卸売業・小売業、生活関連奉仕・娯楽業、不動産・物品賃貸業、宿泊業・飲食奉仕業、教育・学習支援業、医療・福祉、奉仕業)」である事などです。

従業員の介護や育児との両立を容易にする

申請する時点で「実店舗(消費者に対し商品や奉仕を提供する場所や現物を手に取る事が可能な商店等)を持っていない」事があります。
女性起業家ならば、年齢などは関係なく申請が可能な助成金ですので、東京都内の商店街で起業や開業を考えているという方は検討してみると良いでしょう。
両立支援等の助成金については、従業員の介護や育児との両立を容易にする制度の導入や女性の活躍推進のために取り組んでいる事業者を支援する制度です。
「介護離職防止支援コース」や「出生時に両立支援コース」などのコースはありますが、中でも女性起業家におすすめしたいのが「女性活躍加速化コース」です。
これは、女性が出産や育児等を理由に退職する事なく、能力を高めながら働き続けられるという職場環境の整備を目指したコースで、条件を満たすと最大60万円の助成金が支給されます。
女性の活躍推進に取り組んでみたいという起業家は検討したい助成金です。


この記事をシェアする