起業する際に女性が利用可能な融資方法とは

>

女性起業家ならではの補助金や助成金

起業家自身の目的に合う助成金を探す事

地域中小企業応援基金については、中小機構と各都道府県の公共団体や金融機関などにより共同出資で運営している支援制度です。
地域に貢献性が高い中小企業者が対象となっているので、研究や商品開発・需要の開拓などにかかる費用に対し助成金を受けたいという女性起業家におすすめな助成金です。
雇用関係助成金については、厚生労働省が行っている雇用に関わる支援金の総称です。
「仕事と家庭の両立支援関係等の助成金」や「雇用維持関係の助成金」などの8種類の分野に分かれているため、起業家自身の目的に合う助成金を探すことが可能です。
起業する予定がある方で、助成金を探しているという女性は、ぜひ一度チェックしておくと良いかもしれません。

対象事業者には次のような条件があります

次に、女性起業家が申請可能な「補助金」について紹介します。
小規模事業者持続化補助金については、賃上げや働き方改革などで、小規模事業者が決着すべき課題に取り組む際の費用を支援してくれるという補助金です。
業務効率化や販路開拓への取り組みが補助の対象事業となっています。
補助率は、対象経費の3分の2で、上限額については1事業者あたり最大50万円ですが、多数の小規模事業者で共同申請する際は、50万円~1,000万円になるでしょう。
対象事業者には次のような条件が設定されているので、小規模の会社を起業しようと考えている女性はぜひ検討してみてください。
商業・サービス業で常時勤務する従業員数は5人以下、製造業・その他常時勤務する従業員数は20人以下です。
物作り補助金は、小規模事業者や中小企業などが生産プロセスの改善、革新的サービス開発や試作品開発を行うための設備投資として支援してくれる補助金です。


この記事をシェアする