起業する際に女性が利用可能な融資方法とは

>

女性起業家はどのような融資方法を選ぶべきなのか

起業する際におすすめしたい融資制度

女性起業家におすすめの助成金や補助金ついて紹介してきましたが、ここからは起業する際におすすめしたい融資制度を説明します。
若者や女性・シニア起業家支援資金は、融資審査で評価が低くなりやすい若者や女性・シニアの起業家を対象とする融資など支援を行う制度です。
35歳未満の若者層、女性層、55歳以上のシニア層で新規開業して大体7年以内の方々を対象としています。
若者や女性・シニアの起業家支援資金については、国民生活事業と中小企業事業があるため、それぞれに特徴があります。
融資限度額については、国民生活事業は7,200万円(運転資金として4,800万円)、中小企業事業は、直接貸付の際は7億2,000万円(運転資金として2億5,000万円)、代理貸付の際は1億2,000万円となっています。

資金調達についての情報

新創業融資制度については日本政策金融公庫が取り計らう融資制度であり、女性起業家をはじめとして、新たに事業を始めたばかりの方や今後起業したいという方に対して、無担保・無保証で融資を行います。
融資限度額については3,000万円(運転資金1,500万円)です。
無担保で出来るだけ低金利の資金調達をしたいという女性起業家にとっては、特におすすめの融資制度といえるでしょう。
資金調達についての情報だけをまとめた、融資を受ける場合に必要な事柄などの、資金調達に関わる技能を幅広く紹介しています。
融資制度の中には、各自治体のみで運営されているものもあるため調べてみると良いでしょう。
この事業については、信用金庫や信用組合と地域創業の相談役が連携して経営を手助けしてくれます。


この記事をシェアする